夫婦を別れさせたいと思われたキッカケ

不倫相手と別れたいと思ったきっかけ

不倫に悩まれている方、不本意な別れ方をされた元恋人夫婦を別れさせたいなど様々な状況にいらっしゃる方からお問い合わせを頂いております。
既婚者との交際である不倫に悩まれている方は、この関係に未来はあるのだろうか、この人を信用していいのだろうかという愛情と表裏一体の不安や疑念と闘っています。

  • 配偶者との関係は破綻しているからいつか一緒になりたい
  • 信用して待っていて欲しい
  • 子供が少し大きくなるまで待っていて

など既婚者の不確定な言葉に一喜一憂してしまうのです。
しかしその言葉には何の保証もないので不倫相手の言葉を心の支えにして時間だけが過ぎていく、平日は連絡できるけれども土日は連絡してはいけないというルール、割り切った交際として始まった2人の関係だったが、いつしか本気の恋愛に変わってしまうなど不倫に悩まれている方から不倫相手夫婦を別れさせたいというご相談が多いと言えます。
また、元彼や元彼女との復縁を目指していたのに別の人と結婚してしまったので離婚させたいというケース、親御さんからのご依頼で息子さんや娘さん夫婦を離婚させたいなど深刻なケースが多くございます。
「結婚している2人を別れさせたい」「離婚させたい」というご依頼をされる方のほとんどが、離婚させた後に復縁やお付き合いという目標をお持ちで、対象夫婦を別れさせるという別れさせ屋工作はその目標に向けての通過点の作業だとも言えます。
その為、夫婦を別れさせたいと願う方は、弊社が別れさせ屋工作を行っている期間中にご自身は何をするべきなのかという事を考えなければなりません。
ミッションエージェントでは夫婦を別れさせたい・離婚させたいという依頼者様のお悩みを別れさせ屋工作によって全力で解決させて頂くと同時に、依頼者様が目指す目標へのお手伝いもさせて頂いております。
まずは弊社に夫婦を別れさせたいとご依頼された方のご依頼動機をご紹介致します。

  • 不倫相手と正式な関係になりたい
  • 未練がある元恋人が結婚してしまった
  • 息子さんや娘さんが祝福できないお相手と結婚してしまった
  • 元夫や元妻が再婚してしまった
  • 二股関係に敗れ、別の人と結婚されてしまった
  • 独身だと嘘をつかれていた
  • お相手との子供がいる、又は妊娠している

夫婦を別れさせる為にはどちらかに明確な離婚理由があり、その理由を元に離婚を進めなければなりません。
離婚理由とは婚姻関係を継続し難い重大な理由となりまして主なものですと

  • 借金
  • 不貞行為
  • DV
  • 重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、同意なく別居など)

となります。
離婚理由がないのに、離婚したいと言っても配偶者が離婚したくないという立場であれば、離婚調停、審判、裁判などの手続きとなり長期化すると共に、法的手続きをとっても離婚が成立しない事もあるのです。

夫婦を別れさせたい、対象夫婦の事を教えて下さい

夫婦を別れさせたい、対象夫婦の事を教えて下さい
  • 子供の有無・子供の年令
  • 息子さんや娘さん夫婦
  • 単身赴任中
  • 別居している
  • 義理の実家で同居している
  • 離婚調停や裁判で離婚係争中
  • 親御さんの介護をしている
  • 再婚同士
  • 熟年夫婦
  • 妊娠中など

別れさせたい夫婦の状況(子供の有無、子供の年令、親御さんと同居など)によって別れさせ屋工作の進め方や難易度が異なります。
その為、別れさせ屋工作を含めた全ての恋愛工作に於いて先入観はタブーとなり、一つとして同じ案件は存在しないのでセオリーも存在しません。
それぞれの案件に合った接触方法を考え、ご提案させて頂かなければならないのです。

上手く夫婦を別れさせる方法、離婚させ方

上手く夫婦を別れさせる方法、離婚させ方

夫婦を別れさせたいという別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(別れさせ屋工作をご依頼頂いたお客様。)
  • 対象者(別れさせたい夫婦の夫や妻。)
  • 相談員(依頼者様のお悩みや目指すべき目標を伺い、難易度設定や工作の流れについてご説明させて頂くスタッフ。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのアドバイスやご報告を行うスタッフ。)
  • 調査員(対象者の所在調査や行動パターンの調査を行い担当員に報告するスタッフ。)
  • 工作員(対象者へ実際に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは対象夫婦の夫か妻に異性の工作員を接触させて、恋愛関係を構築して対象者から配偶者に離婚したいと告げてもらうことがスムーズな展開であると言えます。
しかし、対象者の性格によっては異性の工作員と不倫関係を持ちながらも配偶者との夫婦関係を続けていく状況も多数ございます。
そういった場合、対象者と異性の工作員の関係が配偶者にバレてしまうような状況を演出して、夫婦関係を破綻させる為のキッカケを作ることが、夫婦を別れさせたいという案件の別れさせ屋工作となります。

夫婦を別れさせたい|別れさせ屋工作までの流れ

夫婦を別れさせたい|別れさせ屋工作までの流れ

①メールやお電話でのご相談

夫婦を別れさせたいとお悩みになった方はインターネットで弊社ホームページをご覧になり、メールやお電話にてご相談下さい。
これまでの経緯をお伺いさせて頂き、工作の流れを説明させて頂いたり、別れさせ屋工作の料金のお見積もりをさせて頂きます。
また弊社スタッフとのご面談予約もメールやお電話にて承っております。

②相談員とのご面談・ご検討・ご契約

  • 詳細なこれまでの経緯や現在の状況、対象夫婦を別れさせてどういった未来を目指されているのかなどをお伺いさせて頂きます。
  • 調査工作の進め方のご説明や別れさせ屋工作を行っている期間中に依頼者様が行うべきことなどをアドバイスさせて頂きます。
  • ご検討されるか、ご契約されるかは依頼者様にお決め頂きます。
  • ご契約となる場合はご契約書を作成させて頂くと共に、お分かりになる範囲の対象者夫婦の情報(自宅住所・勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

ご契約後に依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

③対象者の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

対象者に異性の工作員を接触させるにあたって、どのポイントで、どういった話しかけ方で接触するのが効果的で警戒されづらいかを決める為に、対象者の行動パターンや立ち寄り先を調査してまいります。
調査員は現場で得た情報や調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

④工作員による接触

事前調査によって判明した対象者の行動パターンや立ち寄り先の中で効果的と思われるポイントに工作員を配置して、対象者への接触を開始致します。
接触初期ではキッカケ作りとして複数回偶然の接触を行い、異性の工作員の存在を対象者に自然な形で認識してもらう事をテーマと致します。
異性の工作員が対象者に認識されたという感触を持った上で、最初の目標である対象者との連絡先の交換を目指してまいります。
仮に複数回の接触をしても対象者と連絡先の交換ができなかった場合は、別の異性の工作員を別のポイントで接触させて再び連絡先の交換を目指します。
また対象者が専業主婦など行動範囲が狭い場合や、恋愛経験が少なく最初から男性工作員を接触させることによって警戒心を与えたり、苦手意識を与えてしまう可能性がある場合は、まず女性工作員が接触を行い、友人関係を構築した上で趣味や好みのタイプを聞き出し、好みのタイプを反映させた男性工作員を対象者に紹介するという流れの方が効果を生む場合もございます。
連絡先の交換ができた異性の工作員は、メールや電話などによって対象者の都合のいい日に合わせてアポイントを取り、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

⑤別れさせ屋工作の仕上げ

対象者と異性の工作員の関係が親密になればいよいよ工作も大詰めを迎えます。
対象者が異性の工作員と不倫関係持ちながら配偶者との夫婦関係を続ける状態になった場合は、対象者と異性の工作員の関係が配偶者にバレてしまうという状況を作らなければ、対象者夫婦の信頼関係にヒビを入れることになりません。

対象者の浮気が配偶者にバレてしまう方法としては・・・。

  • 対象者と異性の工作員が一緒にいる場面に配偶者が遭遇してしまう。
  • 対象者と配偶者が一緒にいる場面に異性の工作員が接触を行う。
  • 対象者に接触していた異性の工作員は既婚者である設定にして、工作員の配偶者が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら不倫が発覚したと対象者宅に興信所が作成した報告書を持って話に行く。などその方法は様々です。

対象者と異性の工作員の関係を配偶者にバラす工作を行う前に、依頼者様と担当員で打ち合わせ実施して工作方法を決めてまいります。

⑥アフターフォロー

対象者と配偶者が別れさせ屋工作によって無事に離婚した後に、異性の工作員が急に対象者の前からいなくなったり、連絡が取れなくなってしまうと、対象者に疑念や不信感を抱かれてしまう可能性が出てきてしまいます。
その為、異性の工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば対象者に会いに行ったりしながら、段々と連絡の頻度を抑えて消えていかなければなりません。
接触初期と同じように、異性の工作員の消え方も注意を払いながら実行しなければならないのです。

対象者夫婦を別れさせる為の注意点|別れさせ屋工作

対象者夫婦を別れさせる為の注意点|別れさせ屋工作

夫婦を別れさせたい、夫婦を離婚させていという案件は、恋人同士を別れさせる案件と比べると、親権や財産分与、会社での立場や世間体などの理由によって簡単ではありません。
一つ一つの案件に合った工作方法を考え実行し、現場に即した工作員を接触させ続けなければなりません。
もちろん一人目の工作員を接触させて対象者の反応が良くない場合は、二人目三人目と接触ポイントや話しかけ方を変えて別の工作員が接触を行ってまいります。

弊社にご相談される方の中に、「こんな事をしていいのだろうか」「良心の呵責に苛まれます」という方がいらっしゃいます。
「別れさせ屋」という一般的に馴染みのない職種で強引なことをするイメージがありますが、そもそも別れさせ屋工作とは工作員が無理に対象者と関係を構築するのではなく、対象者が異性の工作員に魅力を感じ、対象者自身の意志で異性の工作員との関係を構築する作業となります。
もちろん工作員は対象者に魅力を感じてもらうように様々な努力を致しますが依頼者様が良心を傷めることではないのです。
そして依頼者様が対象夫婦を別れさせた後に目指す目標を成就させる為には、どうしても避けることができない作業なのです。
総合探偵社ミッションエージェントでは別れさせ屋工作を行いながらも依頼者様が目指す目標に向けて何をするべきなのかというアドバイスも行ってまいります。
依頼者様の抱えている大きな悩みを少しでも弊社に預けて頂いて、目標に向けて自分を変えるための気持ちのゆとりを持って下さい。
夫婦を別れさせたいというお悩みを解消されたい方はお気軽にミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。
きっと解決の糸口が見つかるはずです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ