婚約中の二人を別れさせたいと思われたキッカケ

婚約中の二人を別れさせたいと思われたキッカケ

元恋人が婚約をしたという事実を心から祝福できない自分に気が付いた、元恋人への気持ちは吹っ切れたと思っていたのに婚約したという話を聞かされてとても動揺してしまったという方や、想いを寄せていたお相手が婚約してしまったという方からのご相談を多数頂いております。
本来、一人の友人として祝福するべきところなのだろうが、どうしても心から喜べず、気持ちの靄が晴れないという状況になって、初めてお相手に対する気持ちや本心に気が付くという事がございます。
そしてその気持ちに気が付いた後に婚約という事実を受け入れる事は非常に困難であると言えます。
婚約されたのが元恋人で未だに気持ちが残っていたり、たまに近況を連絡をしながら復縁の機会を伺っていたにもかかわらず突然婚約してしまったという状況や、同じ勤務先や学校で何度も告白しようと思っていたお相手には婚約者がいるという状況は耐え難い事だと思います。
そういった状況を経て婚約している二人を別れさせたい、婚約解消させて復縁やお付き合いしたいというご相談へと至るのです。
もう一度、元恋人とやり直すために一生懸命努力をしていたのに婚約してしまった、元恋人本人からではなく周りの知人から婚約の話を聞かされるなど「婚約破棄させたい、婚約中の二人を別れさせたい」というご依頼される動機となったのは、別れさせた後に復縁したいと強く思うからです。
ミッションエージェントでは婚約関係を解消させたい、婚約中の二人を別れさせたいというご依頼を別れさせ屋工作によってご協力させて頂くと共に、別れさせ屋工作によって婚約関係を解消させた後に依頼者様が目指す目標(復縁やお付き合い)のお手伝いも行っております。
まずは弊社に婚約している二人を別れさせたいと依頼される事になったキッカケをご紹介致します。

  • 元恋人で気持ちが残っている、または好きな人でお付き合いしたい
  • 自分と交際していたのに、違う人に気持ちを奪われた。(略奪婚・略奪愛)
  • 元々同棲していて残っている荷物もある
  • 今でもたまに会っている
  • 一旦友達に戻っている
  • 元夫婦だった

この他にも様々なシチュエーションによって別れさせ屋工作をご依頼されることになった方々がいらしゃいます。

婚約中の2人の事を教えて下さい|別れさせ屋工作

婚約者と上手く別れる方法、婚約破棄する方法
  • 婚約者2人の情報の有無
  • 同棲中
  • 遠距離関係
  • 披露宴の招待状が発送されている
  • 結納が済んでいる
  • どちらかの連れ子がいる
  • 妊娠中
  • バツイチ同士など

婚約中の二人の状況や情報量(自宅住所や勤務先情報の有無など)によって、対象者の所在を判明させる為の調査から始めるか、対象者の住所がお分かりになっていて行動パターンを把握する為の事前調査から始められるかという点や、婚約中であっても結婚する時期や結婚式や披露宴を行うのであれば式場の手配が済んでいる状況や招待状の発送が済んでいるなど状況によって別れさせる為の方法や難易度が変わってまいります。
その為、一つ一つの別れさせ屋工作案件に対して先入観を持たずに現場に臨み、現場で得た情報に基づいて的確な工作方法を考えて、進めていかなければならないのです。

婚約中の2人を上手く別れさせる方法、別れさせ方

婚約中の2人を上手く別れさせる方法、別れさせ方

まず婚約関係にある2人を別れさせ為の、別れさせ屋工作に携わるスタッフをご紹介致します。

  • 相談員(依頼者様と対象者との関係やご相談に至った経緯や理由、現在の関係、依頼者様が望まれる結果を伺い、難易度設定や工作の流れ、注意点をご説明致します。)
  • 担当員(ご依頼頂いた別れさせ屋工作案件の責任者・別れさせ屋工作や事前調査のスケジュール管理や現場スタッフへのオペレーション、依頼者様へのご報告やアドバイスを行います。)
  • 調査員(対象者の所在調査や行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象者に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは対象者に異性の工作員を接触させ、恋愛関係を構築した上で対象者から婚約者に別れ話をしてもらう事が理想的でスムーズな別れへ展開してまいりますが、対象者の性格やお二人の状況によっては異性の工作員と関係を持ちながら婚約者との関係も続けるような二股になってしまうケースもございます。
そのような状況になった場合、対象者と異性の工作員の関係が婚約者にバレてしまうようなシチュエーションを演出して、二人の婚約関係が破綻する為のキッカケを作ることが、婚約している2人を別れさせる為の別れさせ屋工作の流れとなります。

婚約関係にある2人を別れさせたい|別れさせ屋工作までの流れ

婚約関係にある2人を別れさせたい|別れさせ屋工作までの流れ

①メールやお電話によるお問い合わせ

  • インターネットで弊社ホームページをご覧になりご相談になりたいと思われたらメールやお電話にてご連絡下さい。

これまでの経緯や対象者とのご関係や状況をお伺いさせて頂き、別れさせ屋工作のお見積もりをさせて頂きます。
また弊社相談員とのご面談ご予約もメールやお電話にて承っております。

②相談員とのご面談・ご検討・ご契約

  • 詳細な経緯を再度お伺いさせて頂き、現在の関係性、対象者達が婚約関係を解消した後に望まれる結果をお伺いさせて頂き、別れさせ屋工作の流れのご説明やご契約期間中に依頼者様が行うべきことのアドバイスを実施致します。
  • ご依頼される場合は、ご契約に関する重要事項の説明や契約書を作成させて頂くと共にお分かりになる範囲の婚約している2人の情報(自宅住所・勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

その後、依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

③対象者の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

対象者に異性の工作員を接触させるにあたり、対象者の行動パターンや立ち寄り先の中からどのポイントで接触するのが効果的で、どういう接触の仕方が警戒されづらいかなどを決める為に、行動調査(事前調査)を行わなってまいります。
調査員は現場で得た情報や対象者の行動調査の結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

④異性の工作員による接触

事前調査によって対象者の行動パターンや立ち寄り先を把握し、その中で効果的で、自然な接触ができると思われるポイントに異性の工作員を配置して、対象者への接触を開始致します。
初期の段階では偶然の接触を複数回行い、異性の工作員の存在を対象者に認識してもらうことを目的としてまいります。
そして工作員の存在を対象者に認識された上で、最初の目標である対象者との連絡先交換を目指してまいります。
仮に、接触を複数回試みて工作員が対象者との連絡先交換ができなかった場合は、別の異性の工作員をポイントや話しかけ方を変えて接触させ、再度連絡先の交換を目指します。
対象者と連絡先の交換ができた工作員は、メールや電話などで連絡を取り合い、対象者の都合や予定に合わせて会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

⑤別れさせ屋工作締め作業

対象者と異性の工作員の関係が親密になり、スムーズに会えるような関係になれば別れさせ屋工作は最終的な大詰めを迎えます。
対象者が婚約者との婚約関係を切ることなく、異性の工作員との関係を続ける状態になった場合は、対象者と異性の工作員の関係が婚約者にバレてしまうという状況を作らなければ、対象者が浮気をしている事実を知ることができません。 その事実が発覚することによって二人の信頼関係にヒビが入り、婚約関係が破綻へ進むことになるのです。

対象者の浮気が婚約者にバレてしまう方法としては・・・。

  • 対象者と異性の工作員が一緒にいる場面に婚約者が遭遇してしまう
  • 対象者と婚約者が一緒にいる場面に異性の工作員が接触を行う
  • 対象者に接触していた異性の工作員が婚約者に直接会って話をする

などその方法は様々です。
対象者と異性の工作員の関係を最終的に婚約者にバラす工作を行う前に、依頼者様と担当員で工作方法を打ち合わせさせて頂きます。

⑥アフターフォロー

対象者と婚約者が別れさせ屋工作によって無事に婚約解消となった後、接触していた異性の工作員が急に対象者の前からいなくなったり、連絡が取れなくなってしまう、対象者に疑念や不信感を抱かれてしまう可能性が出てきてしまいます。
その為、異性の工作員は工作終了後も2ヶ月ほどは対象者と連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行ったりしながら、段々とその頻度を抑えて消えていかなければなりません。
工作員は接触当初と同じように消え方も大事に行わなければならないのです。

婚約している2人を別れさせる為の注意点|別れさせ屋工作

婚約している2人を別れさせる為の注意点|別れさせ屋工作

婚約関係にある2人を別れさせたいという案件は、2人だけの口約束で「婚約」という状況であれば恋人同士を別れさせる案件とあまり変わりませんが、両家の親御さんへの挨拶が済んでいたり、新婚旅行のご予約済みのケース、結婚式場や披露宴会場を抑えたり、結婚式の招待状を送付して二人の関係が周知されている状況の場合、難易度が高くなる可能性がございます。
婚約中の対象者2名の関係が周知の事実となっている事から、婚約を破棄する為のよっぽどの理由がなければ、周りの人も納得できない状況となるのです。
また式場など抑えている場合、キャンセル費用などの経済的な負担も発生してしまいます。

また結婚式が間近に迫っているので対象者の浮気が発覚したとしても、体面を保つために結婚式だけは行うというケースもございます。
婚約関係にある2人を別れさせたい、婚約破棄させて復縁したいお付き合いしたいとお考えの方はお気軽にミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。
きっと解決の糸口が見つかるはずです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ