同棲している2人を別れさせたいと思われた動機

同棲している2人を別れさせたいと思われた動機

元彼女さんや元彼が新しい恋人と同棲を始めた、想いを寄せている人には同棲している恋人がいるという状況の方から、別れさせたいというご相談を数多く頂いております。 まだ元恋人に未練が残っている状況や、好きな人にどんなにアプローチをしても同棲している恋人がいるからという理由で振り向いてもらえない状況の方が多くいらっしゃるのです。 同棲関係であるという事は、生活基盤が一緒であり、経済的に依存している状況や二人で買い揃えた品々の存在、ペットの有無、親御さんへの挨拶が済んでいるなど、様々なしがらみが存在している為、通常の恋人同士(別住所のケース)を別れさせる案件と比べても簡単ではありません。 しかし、同棲を解消させて復縁したい、二人を別れさせてお付き合いしたいという望みに到達するためには避けることができない作業であると言えます。 ミッションエージェントでは同棲している2人を別れさせたいというご依頼を別れさせ屋工作によってご協力させて頂くと共に、依頼者様が2人を同棲解消させた後に目指す復縁やお付き合いのお手伝いもさせて頂いております。 まずは弊社にご依頼されている方が同棲している2人を別れさせたいと思われたキッカケをご紹介致します。

  • 元恋人に未練が残っている
  • 不本意な別れ方をした
  • 自分と交際中に、新しい恋人にとられた
  • 元々同棲していた
  • 婚約破棄された
  • 今でもたまに会っている
  • 一旦友達に戻っている
  • 告白したが断られた。

など、様々なシチュエーションや動機によって別れさせ屋工作をご依頼されることになった方々が多数いらしゃいます。

同棲している2人の事を教えて下さい|別れさせ屋工作

同棲相手と上手く別れる方法、同棲を解消する方法
  • 住所情報の有無
  • 同棲期間の長さ
  • 不倫関係
  • 内縁関係
  • 婚約中
  • 実の子供や連れ子がいる
  • 妊娠中
  • バツイチ同士。など

同棲している2人の関係や、同棲相手の情報量(勤務先情報など)によって、別れさせ屋工作の進め方が異なり、難易度が異なると言えます。
その為、先入観を持たずに対象者の調査や接触を通して得た情報に基づいて、その案件にあった工作方法や対象者へのアプローチの方法を考えなければならないのです。
しかし、依頼者様が独自に対象者の情報を集めようとして無理をされますと、対象者に警戒心を持たれてしまうケースや、依頼者様と復縁やお付き合いしたいお相手との関係がギクシャクしてしまうケースがございます。
その為、無理をされないで現在お持ちの情報のみをお知らせ下さい。

同棲している2人を上手く別れさせる方法、別れさせ方

同棲している2人を上手く別れさせる方法、別れさせ方

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 相談員(同棲中の対象者と依頼者様のご関係やこれまでの経緯、現在の関係、依頼者様が望まれる結果を伺い、難易度設定や工作の流れ、注意点をご説明致します。)
  • 担当員(ご依頼頂いた別れさせ屋工作案件の責任者・別れさせ屋工作や事前調査のスケジュール管理や現場スタッフへのオペレーション、依頼者様へのご報告やアドバイスを行います。)
  • 調査員(対象者の所在調査や行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象者に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは対象者に異性の工作員を接触させ、恋愛関係を構築した上で対象者から同棲相手に別れ話をしてもらう事が理想的でスムーズな別れへの展開となりますが、対象者の性格やお二人の状況によっては異性の工作員と関係を持ちながら同棲相手との交際も続けるような二股関係になるケースも多数ございます。
そのような状況になった場合、対象者と異性の工作員の関係が同棲相手にバレてしまうような状況を演出して、二人の同棲関係が破綻する為のキッカケを作ることが、同棲している2人を別れさせる為の別れさせ屋工作の流れとなります。

同棲している二人を別れさせたい|別れさせ屋工作までの流れ

同棲している二人を別れさせたい|別れさせ屋工作までの流れ

①メールやお電話によるお問い合わせ

  • インターネットで弊社ホームページをご覧になり、相談してみたいと思われたらメールやお電話にてご連絡下さい。

これまでの経緯や状況をお伺いさせて頂き、別れさせ屋工作のお見積もりをさせて頂きます。
また弊社相談員とのご面談ご予約もメールやお電話にて承っております。

②相談員とのご面談・ご検討・ご契約

工作員を接触させるにあたって、どのポイントで接触するのが効果的であるか、また警戒されづらいかなどを決める為に同棲相手の行動パターンや立ち寄り先を調査してまいります。
調査員は調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

  • これまでの詳細な経緯や現在の関係性、同棲関係を解消させた後に願う結果をお伺いさせて頂き、別れさせ屋工作の流れのご説明やご契約期間中に依頼者様が行うべきことなどのアドバイスを致します。
  • ご面談後に別れさせ屋工作をご依頼される場合は、契約に関する重要事項のご説明や契約書の作成と共にお分かりになる範囲の同棲中の二人の情報(住所・勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

その後、依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

③対象者の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

対象者に異性の工作員を接触させるにあたり、行動パターンや立ち寄り先の中からどのポイントで接触するのが効果的で、どういう接触の仕方が警戒されづらいかなどを決める為に、対象者の行動調査(事前調査)を行なってまいります。
調査員は現場で得た情報や対象者の行動調査の結果を担当員に報告して、担当員はその結果を基に接触の方法やポイントを決めてまいります。

④異性の工作員による接触

事前調査によって対象者の行動パターンや立ち寄り先を把握し、その中で効果的な接触ができると思われるポイントに異性の工作員を配置して、対象者への接触を開始致します。
接触の初期段階ではキッカケ作りとして偶然の接触を複数回行って、異性の工作員の存在を対象者に刷り込んでいく事をメインに接触してまいります。
そして工作員の最初の目標である対象者との連絡先交換を目指してまいります。
仮に、複数回接触を試みても異性の工作員が対象者と連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員をポイントや話しかけ方を変えて接触させ、連絡先の交換を目指します。
対象者と連絡先の交換ができた工作員は、対象者の都合に合わせてメールや電話、LINEなどによって会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

⑤別れさせ屋工作締め作業

対象者と異性の工作員の関係が深くなり、コンスタントにデートができるような関係になれば別れさせ屋工作は大詰めを迎えます。
対象者が同棲相手との関係を続けながら、異性の工作員との関係も続ける二股関係になった場合は、対象者と工作員の関係が同棲相手にバレてしまうという状況を作らなければ、同棲相手が対象者の浮気の事実を知ることができません。 対象者の浮気の事実が発覚することによって二人の信頼関係にヒビが入り、同棲関係を破綻へ導くことになるのです。

対象者の浮気が同棲相手にバレてしまう方法としては・・・。

  • 対象者と異性の工作員が一緒にいる場面に同棲相手が遭遇してしまう
  • 対象者と同棲相手が一緒にいる場面に異性の工作員が接触を行う
  • 対象者に接触していた異性の工作員が同棲相手に直接会って話をする

などその方法は様々です。
対象者と異性の工作員の関係を最終的に同棲相手にバラす工作を行う前に、依頼者様と担当員が打ち合わせを行い、工作方法を決めてまいります。

⑥アフターフォロー

対象者と同棲相手が別れさせ屋工作によって無事に同棲関係を解消した後、接触していた工作員が急に対象者の前からいなくなったり、連絡が取れなくなってしまうと、対象者に不信感や疑念を抱かれてしまう可能性が出てきてしまいます。
その為、工作員は工作終了後も2ヶ月ほどは対象者と連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行ったりしながら、段々とその頻度を抑えて消えていかなければなりません。
工作員は接触当初と同じように消え方も大事に行わなければならないのです。
もちろん同棲相手に対してのアプローチ(復縁やお付き合い)のタイミングや、どういった連絡の仕方が適しているか等も併せてアドバイスさせて頂きます。

同棲中の二人を別れさせる為の注意点|別れさせ屋工作

同棲中の二人を別れさせる為の注意点|別れさせ屋工作

同棲している二人を別れさせる為の別れさせ屋工作は、別々に暮らしている恋人同士を別れさせる工作案件より難しく、ご夫婦を離婚させる案件より難易度は低いという位置付けとなります。
工作員が接触を行う対象者の行動パターンや性格、貞操観念や同棲相手への気持ちなどによっては攻略することが難しいケースがあることも事実です。
簡単な別れさせ屋工作案件は一つもなく、その現場の状況に合った工作方法やストーリーを考えて実行しなければなりません。
誰にでも想いを遂げたいお相手、忘れられない恋愛があり、戻りたい過去があります。
少しでも依頼者様の強い願いに近づくために全力でご協力させて頂きます。
同棲している二人を別れさせたい、別れさせて復縁したい、別れさせてお付き合いしたいとお考えの方はお気軽にミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。
解決の糸口がきっと見つかるはずです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ